注目キーワード
  1. RUN
  2. ブログ

【体験談】エベレスト街道トレッキング時の装備や費用などをまとめました

  • 2019年3月28日
  • 2019年3月31日
  • Mountain
  • 143view

2018年12月にエベレスト街道を歩いて、
世界のてっぺんエベレストを見に行ってきました。

この記事の前半では、
エベレスト街道トレッキング時の装備や費用などの情報をまとめています。

後半は、日本を出発してからエベレスト街道をトレッキングして、
日本に帰って来るまでの記録を1日ごとに残しています。

これからエベレスト街道にトレッキングに行く人の、
参考になれば幸いです。

目次

エベレスト街道12月トレッキング 装備と服装

服装

1、ファイントラック ドライレイヤー スキンメッシュ

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュロングスリーブ男性用 FUM0411 ブラック M


2、モンベル メリノTシャツ

3、ノースフェイス 厚手ベースレイヤー ロングスリーブホットクルー

[ザ・ノース・フェイス] ロングスリーブホットクルー L/S HOT Crew キッズ ブラック 日本 140 (日本サイズ140 相当)


4、パタゴニア フーディニジャケット

[パタゴニア]Patagonia Men’s Houdini Jacket メンズ フーディニ ジャケット 24141 BCSG (USサイズ) S [並行輸入品]

5、ユニクロウルトラライトダウン
6、パタゴニア フリース
7、ノースフェイス 厚手ゴアテックスジャケット

ズボン
1、シースリーフィット タイツ

(シースリーフィット)C3fit トレーニング インスピレーションロングタイツ 3F06320 [メンズ] SN スモークネイビー M

(100均厚手タイツ)

2、パタゴニア防風パンツ

3、ファイントラック エバーブレスアクロパンツ

【クーポン】【ポイント5倍】finetrack ファイントラック エバーブレスアクロパンツ メンズ BK メンズ FAM0702【送料無料】【2019/03/30 00:00〜04/01 23:59】


4、ファイントラック ドラウトポリゴン3パンツ

finetrack(ファイントラック) ドラウトポリゴン3パンツ/Ms/BK/M FMM0902男性用 ブラック ロングパンツ メンズウェア ウェア パンツ 中綿入り パンツ 中綿入り男性用 アウトドアウェア

その他
100均の毛糸防止
ユニクロネックウォーマー

【持っていけばよかったもの】

・本
・アイポッド
(ロッジではすることがないので暇つぶしグッズがあるとよい。
トランプは途中の店で買える。)
・食欲がない時でも食べられるもの
(日本食を食べられるところもたまにある)
・厚手のダウンジャケット

お金

トレッキング料金16万円
含まれるもの
・カトマンズ~ルクラ往復
・トレッキング中の食事
・ガイド料金
・ガイドの保険料
・ロッジ宿泊費

飲み物は別料金
とくにお湯は高いので注意が必要。
節約したいならペットボトルの水を買えばよい。

ツアー会社
BOCHI-BOCHI TREK(ボチボチトレック
※栗城史多さんのエベレスト登山をサポートをしていた会社

その他

僕は、12月の後半に行きましたが、基本的に汗はかかないと思っていいです。
トレッキング中はずっと上記の上着1~3を重ね着してました。
10日以上着替えませんでした。
下着も着替えませんでした。
汗をかかないので特に問題はありませんでした。

ただ、ポリエステル素材だと匂うかもしれないので、
メリノウールが良いと思います。

靴下は薄手のメリノウールを履いていました。
朝晩と標高が5000m以上では厚手の靴下を履きましたが、
日が高くなると、気温が上がって靴の中が蒸れます。
ただし、僕はスポルティバのSYNTHESIS GTX SURROUND(シンセシス ゴアテックス サラウンド)という日本での3シーズン用の、しかも通気性のいい靴を履いてました。

12月でも、ベースキャンプまでは雪はほとんどないので、
アイゼンはいりません。

土埃がひどいので、気になる人は、ゲイターがあるとよいでしょう。
僕は気にしないので使いませんでした。

 

エベレスト街道日記

12/19 15:05羽田発~19:55中国広州着

広州空港で、ザックの中身を全てチェックされる。

なぜ調べられたのかわからない。
ランダムで調べられるのだろうか。

広州空港のロビーで、翌日のフライトまで待機。

今回のフライトは中国南方航空を利用したのだが、
中国南方航空を利用して、広州空港で乗り継ぎをする場合、
条件付きで、無料のトランジットホテルを利用できる。

しかしそのことを知らなかった為、
ロビーの椅子で朝まで寝た。無理やり寝た。

12/20 朝、中国広州発~ネパール、11:38カトマンズ着

朝5時に、広州空港のプレミアムラウンジでシャワーと朝食を済ます。

朝7時か8時ごろのフライトで広州からネパールの首都カトマンズに向かう。

カトマンズに近くなると、飛行機の窓からヒマラヤ山脈が見えてきた。
エベレストが見えないか目を凝らしていると
写真でみたものと同じ形をした山があった。
それがエベレストだった。
おれが窓にへばりついて見ていると、後ろの席のおやじが
話しかけてきた。

おやじ「***エベレスト***?」
おれ「イエス、あれがエベレストだよ」
おやじ「君はエベレストを見るのは初めてかい?」
おれ「初めてだよ。ネパールに来るのも初めてさ」
おやじ「初めてでエベレストを見れるなんて君はラッキーだね!」

おやじもエベレストを見て興奮しているようだった。
見た感じでは、ネパール人だと思うのだが、
現地の人間でもエベレストは興奮するようだ。

カトマンズに着くと、BOCHI-BOCHI TREK(ボチボチトレック)のオーナーのチカさんと、
息子のビカスさんが出迎えてくれた。
ボチボチトレックは栗城史多さんのエベレスト登山のサポートを
していた会社だ。

ボチボチトレックはタメル地区から少し離れた場所にあり、
4階建ての建物で、1階が事務所、2階に客用の部屋が2つ、
3階と4階がチカさん家族の住居になっていた。

2階の部屋に荷物を置くと、ガイドのビカスと一緒に散歩に
出かけた。
ビカスは24歳で3歳の息子がいるそうだ。
いろいろと話したが、けっこういいやつそうでで安心した。

※使用した金額
高山病の薬(ZOLAMIDE)
下痢止め(PROTOGYLDF) 合わせて150ルピー

夕食代 2人分 683ルピー

トレッキング料金 16万円

【エベレスト街道 1日目】 12/21 12:30カトマンズ~13:00ルクラ~16:30パクディン

朝4時40分起床、6時国内線空港着。
予定では7時のフライトだったが、
天候が悪く、12時30分にようやくテイクオフ。
空港内の椅子に座ってひたすら待っていた。

ルクラ空港は世界で最も危険な空港として有名で、
ルクラに向かう便は少しでも視界が悪いと飛ばない。
そのため、時期によっては全便欠航するときもあり、
最悪何日も足止めされることもあるので、
注意が必要。

カトマンズからルクラに向かう飛行機の情報
・パイロット2人
・客室乗務員1人
・客用のシートが15席
・耳に詰める綿と飴が配られる

13時にルクラ着。昼食1時間。
14時トレッキングをスタート。
この日の行程は、
ルクラ(標高2840m)~パクディン(標高2610m)
距離9km
歩行時間2.5hだった。
高山病の症状はなく、順調なスタートをきった。
途中から、犬が1匹ついてきた。

ロッジに着くとガイドのビカスが夕食の注文を取りに来た。
この日の夕食は
・焼きそば400ルピー
・焼きめし400ルピー
・モモ(チベット風餃子)300ルピー

注文しすぎて食べきれなかったので小屋の外にいた
犬にあげた。

部屋はツインルームの個室案内された。
布団は1枚ついていた。
相部屋ではなかった。

シャワーはあったが、めんどくさいので使わなかった。
この日に限らず、山では1度もシャワーを浴びることはなかった。
乾燥している為、ほとんど汗をかくことはないし、
なにより寒くて浴びる気がしない。
ウエットティッシュで顔と足を拭いて終了。

シュラフの上から布団をかけ19時30分就寝。

【エベレスト街道 2日目】12/22 パクディン(標高2610m)~ナムチェバザール(標高3440m)

6時30分起床
7時朝食
・ポテトパンケーキ300ルピー
・ミルクコーヒー150ルピー
7時50分出発

朝はかなり冷え込む。外の気温は0度くらいだろうか。
トレッキング中に利用したロッジには、
すべてゴミ箱があったので、
日本の山小屋のようにゴミを持ち帰る必要はなかった。

10時20分 途中のロッジで昼食
・ヌードルスープ(Veg)350ルピー
・ゆでたまご300ルピー
・ベジタブルモモ400ルピー
14時ナムチェ着
14時ロッジ着、チェックイン

標高が3000mを越えたので少し頭痛がしてきた。
ロッジの部屋に荷物を置いてビカスと町を散歩した。
ナムチェはエベレスト街道の中で最も大きな村だ。
村の通りには、たくさんの店やロッジがひしめき合っている。

18時夕食
・パスタ500ルピー
・ゆでたまご300ルピー
・ゆでたじゃがいも?ルピー
少し頭痛はあるが、食欲はある。
頭痛があったので、1日でトータル3リットルの水を飲んだ。

19時40分就寝

【エベレスト街道 3日目】12/23 高所順応日 ナムチェバザール(3440m)滞在

7時30分朝食
・トースト2枚 ?ルピー
・ミントティー ?ルピー
頭痛と吐き気が少しあったので、日本から持ってきた胃薬を飲んだ。

8時30分高所順応の為、近くの村「クムジュン」へ出発。
ここでビカスの知り合いのガイドと
そのガイドの客の中国人の丁(てい)さんとこれから一緒に行動することになった。
4人パーティーになっていた。

12時 クムジュン着 ダルバードを食べた。
吐き気がひどくなってきた。
昼食後、寺を見学。
その寺にはイエティの頭部が保管されていた。
小玉スイカぐらいのサイズだった。

18時夕食
・ライス
・ガーリックスープ
・ゆでたまご
・ミントティー

19時就寝

【エベレスト街道 4日目】12/24 ナムチェ(3440m)~タンボチェ(3860m)

7時30分朝食
・ミルクティー
・ガーリックスープ
・フレンチトースト

8時30分出発

10時40分昼食 1時間休憩
・ダルバード600ルピー
・ミルクティー120ルピー

14時30分 タンボチェ着

ロッジのすぐ近くにお寺があって見学に行った。
寺の中では坊さんがお経を唱えていて、10ルピー寄付したら
首に赤い糸を巻いてくれた。

高所順応ができているようで、頭痛はほとんどなかった。
また、23日から一緒に行動している中国人の丁さん(てい)と仲良くなった。
ロッジのテラスで丁さんから、紅茶をごちそうになった。
丁さんはトレーナーの仕事をしているらしく、かなり筋肉質で
プロテインが好きらしい。

18時 夕食
パスタ
ガーリックスープ

19時 就寝

頭痛、吐き気なし

【エベレスト街道 5日目】12/25 タンボチェ(標高3860m)~ディンボチェ(標高4410m)

7時15分起床
頭痛ほぼなし

7時30分朝食
トースト
スクランブルエッグ
ミルクティー

食事の時、蒸しタオルがもらえたので、
顔と頭と首などを拭きまくった。
トレッキング中はシャワーを浴びないのでめちゃくちゃ助かる。

8時20分出発

11時昼食
ラーメン
ゆでたまご
生姜湯

13時40分 ディンボチェ(Dinboche)着4410m
標高が4000mを越えたので、また
頭痛がしてきた。
動いた方が酸素が体に入ってくるので、
夕方少し散歩をした。
高山病になったら、具合が悪くて動きたくなくなるが、
じっとしているよりも動いた方が、高所順応しやすくなるので、
つらくても動いたほうがよい。

ロッジから目の前にアマダブラムが良く見えた。
また遠くに、アイスランドピークに向かう人が見えた。

高所順応ができていなかたので、
ここにもう1日滞在することにした。

18時夕食
ピザ
フライドエッグ

19時就寝 頭痛はよくなっていた。

【エベレスト街道6日目】ディンボチェ(標高4410m)~近くの丘(標高5000m)高所順応

7時20分起床
前日寝る前は頭痛がなかったが、
夜中から頭痛がひどくなった。

7時30分朝食
フレンチトースト
ジンジャーティー

8時30分出発
近くの丘に向かった。
頭痛がひどくて、歩くペースがかなり遅い。
みんなからだいぶ遅れて歩く。

11時30分
5000mの丘に着いた。
眺望は素晴らしい。
マカルー(標高8463m 世界5位)も遠くに見えた。

13時 ロッジ着

13時30分 昼食
ゆでたじゃがいも
ガーリックスープ
フライドエッグ
ジンジャーレモンティー

吐き気と頭痛が少し。
大したことないので、明日には順応しているだろう。

この日5000mまで標高を上げたが、
朝に比べて、だいぶ体調がいいので、
順応日を設けながら、ゆっくり登れば、
事前にトレーニングなどしなくても、
大丈夫だと実感した。

また、日中の服装については、
標高3000m~標高5000mまでは、
同じで問題ない。
靴下も厚手のものは必要ない。
厚手だと蒸れるのでよくない。
ただし、朝晩行動するときは、
中間着が1枚と、厚手の靴下が必要。
ユニクロのウルトラライトダウンを使用した。

午後は時間があったので、読書と散歩をした。

17時過ぎにロッジの食堂にいたら、
外で嵐のような風が吹いていた。

18時夕食
トマトチーズピザ
スクランブルエッグ

この日は、午後から頭痛はあまりなかった。
唇の日焼けがやばい。
青くなっていた。

18時30分就寝

【エベレスト街道】7日目 12/27 ディンボチェ(4410m)~ゴラクシェブ(5180m)

8時30分出発

10時30分昼食

15時30分ゴラクシェブ(5180m着)

5000mまできたらものすごい風が強くて、
体温を全部奪われた。
ロッジに着いたらお湯をもらって体を温めた。

5000mから上は、それまでとは別世界と
思った方よい。

夜、ストーブの前に集まっていた人達と一緒に
ダンスをした。
中国人の女の子がダンスをしようと言い出して、
最初はみんな遠慮をしていたが、
結局最後は、みんなでめちゃくちゃなダンスをした。

夜はめちぇくちゃ寒い。部屋の中でも水が氷る。
寒すぎる。
防寒具は、ユニクロのウルトラライトダウンと、
パタゴニアのフリースを着た上から、厚手のゴアテックスジャケットを
着たが寒い。

【エベレスト街道8日目】12/28 ゴラクシェブ(5180m)~エベレストベースキャンプ(5364m)~ゴラクシェブ~カラパタール(5643m)

この日の行程は長い。
明日からは下山だ。

8時朝食
頭がガンガンするし、吐き気もする。
順応ができていないようだ。
日本の胃薬を飲んだ。

9時出発

10時30分
エベレストのベースキャンプ着。
エベレストの頂上がすぐそこに見えた。
すぐそこに見えるのに、実際登るには順応しながら、
登っては降りてを繰り返すので、
ベースキャンプから頂上までは最低でも20日ほどかかるらしい。
途中から犬も食べ物目当てでついてきた。
エベレストのほかに、ヌプツェ(7861m)やプモリ(7161m)もよく見えた。

5000mを越えたらフリースか薄手のダウンを中間着に、
着る必要がある。
ロッジの中でも氷点下の寒さ。
ハンパでない。

午前行動して、午後になっても頭が痛ければ、順応していないので、
順応日を設けた方が良い。

12時30分 ゴラクシェブのロッジに戻る
昼食
チキンスープ(具なし)
フライドポテト 500ルピー

14時 カラパタールに向けて出発
風が強くて寒い。
景色を楽しむ余裕はない。
気温はマイナス11度。
風がかなり強いので体感はマイナス20度ぐらいだろうか。

15時にゴラクシェブのロッジ着

18時夕食
フライドポテト
ガーリックスープ

明日からは下山だから気楽だ。

【エベレスト街道9日目】12/29 ゴラクシェブ(5180m)~パンボチェ(3930m)

朝食が6時からと聞いたいたので、
6時に食堂に行ったら真っ暗で、スタッフは食堂の椅子で寝ていた。
仕方なく、起きるまで待った。
寒い。

7時朝食
ハニーパンケーキ
ミルクティー

7時40分出発

12時昼食
ホットミルク80ルピー
たまごカレー600ルピー

この日はパンボチェ(3930m)までの予定だったが、
時間が早かったので、予定を変更して
テンボチェ(3860m)まで下った。

15時テンボチェ(3860m)着
体調が良かったので走ってみた。
順応が完璧にできているので、
なんともない。
ガイドのビカスに走ってるところをスマホの
ムービーで撮ってもらった。

夕食
ハンバーガー700ルピー
ガーリックスープ400ルピー
紅茶150ルピー

19時30分就寝
暇すぎる

【エベレスト街道 10日目】12/30 パンボチェ(3930m)~パクディン(2610m)

7時30分朝食
フレンチトースト
ホットミルク

極厚ダウンが必要。

8時出発

11時ナムチェバザール着
昼食
ララヌードル(ラーメン)
ホットミルク

16時 パクディン着
歩いてるときに、ガイドのビカスから
登山がオフシーズンになると、
ガイドの仕事がないので日本で仕事を紹介してほしいと
頼まれた。
うーむ。困る。

18時夕食
カルボナーラパスタ
ボイルポテト
ホットミルク

19時就寝
部屋の中は4℃ぐらいで寒い。
夜、犬がずっと吠えていてうるさい。
外に水道があって助かった。

【エベレスト街道 11日目】12/31 パクディン(2610m)~ルクラ(2840m)

7時30分起床

8時朝食 アメリカンセット530ルピー
トースト2枚
卵焼き
ホットオレンジ
付け合わせポテト、ソーセージ
コーヒー

8時30分出発

ひげがけっこう伸びてる。
久しぶりに石鹸で手を洗う。

水のペットボトル80ルピーから100ルピー

10時30分 ルクラ着
最初と同じロッジに戻ってきた。
けっこうきれいでよい。

12時昼食
カレー
ベジタブルピザ
トマトスープ
量が多すぎて残した。

隣の日本人の女性がやっている土産物屋で、
エベレスト街道のマップのデザインの薄手のネックウォーマーを2枚買った。
1枚200ルピー
この店では文庫本などの本のレンタルを無料で
していたので、3冊ほど借りて読んだ。

18時夕食
ハンバーガー
フライドポテト
トマトスープ

夕食後は読書で時間をつぶした。
この日は大みそかだからなのか、
ロッジの人がラム酒を奢ってくれた。
ラム酒をお湯で割って飲んだらめちゃくちゃうまかった。
これからは、寒い時はラム酒のお湯割りで決まりだと思った。
久しぶりの酒が体にしみた。
こうしてエベレスト街道トレッキングと2018年が終わった。

最新情報をチェックしよう!