介護日記

【事実】介護士が筋トレをするべきたった1つの理由

【事実】介護士が筋トレをするべきたった1つの理由
介護職の人
介護職の人

介護職やってます。

介護職は肉体労働なので、体力的に長期で続けるのは難しいのかな?

今は若いので体は大丈夫だけど、この先が心配だ。

筋トレした方がいいのかな?

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

【事実】介護士が筋トレをするべきたった1つの理由

ちなみに僕は週4回、介護のロング夜勤をやっています。

1回の勤務時間の平均は、約15時間です。

それではいってみましょう〜。

【事実】介護士が筋トレをするべきたった1つの理由

まずは結論です。

介護士が筋トレをするべき理由は、腰を痛めないようにする為です。

腰を痛めたら介護業務ができません。

なぜなら、介護業務は

  • 移乗
  • オムツ交換

など、腰に負担がかかる体制での作業が多いからです。

つまり腰を痛めたら、即ゲームオーバーです。

ちなみに厚生労働省の「業務上疾病発生状況等調査結果」(2015年)によると、「4日以上の休業を必要とする職業病の割合」の第1位は「腰痛」で、全体の60.4%を占めています。

しかも現在のところ改善されている様子はなく、直近10年において、腰痛で休業した介護職の数は約2.7倍も増加しています。

つまり、介護職にとって腰痛は重大な問題です。
参考:みんなの介護

ついでにこちらのツイートも貼っておきます。

上記の通り、ひろゆき氏も介護職は腰を痛めるリスクが高いので、長期で続けるのは難しいと言っています。

というわけで、介護職を長期で続けたいなら、背筋を鍛えて腰痛を防ぎましょう。

筋トレのメリット【結論:モテる】

腰を鍛えれば、腰を痛める確率が下がるので、安心して介護職を続けられますね。

さらに筋トレのメリットとしては以下があります。

モテホルモンである、テストステロンが増える。つまりモテるようになる。

詳しくはこちらの動画が参考になります。

研究では、モテないネズミにテストステロンを注射すると、メスのネズミが群がり出すことが証明されたいます。

その他にも筋トレのメリットは様々です。

  • 基礎代謝がアップして太りにくい体に
  • セロトニンが分泌されてストレス解消になる
  • 体幹を鍛えることで姿勢がよくなる
  • こり・むくみ・冷え性の改善
  • 怪我の防止

まとめ

介護士が筋トレをする理由は、腰を痛めないようにする為です。

  • 移乗
  • オムツ交換

など、腰に負担がかかりやすい介護士にとって腰痛は付き物です。

腰痛がひどくなれば、介護業務を続けることはできません。

ゲームオーバーです。

というわけで、背筋を鍛えて腰痛を防ぎつつ、モテホルモンを分泌させましょう。

今回は以上です!

おすすめ>>【激白】介護夜勤の掛け持ちは大変です。ハードスケジュールを公開します。

ABOUT ME
のら@シェアハウス✖︎介護
介護転職1年目で月収50万・週休2日達成/介護夜勤しながらシェアハウスに住んで効率よく金を貯めて投資をしてます/介護夜勤なら誰でもセミリタイアは可能/介護夜勤とシェアハウスを中心に発信中/ 経歴:年収300万退職→日本縦断マラソン63日2920km→引きこもり→インド一人旅で230万円詐欺で失う→介護夜勤転職→介護年収568万→2023年エベレスト登頂/ アンチ社員/ 友達0/HSP なので一人が楽/ランニング/登山/旅
こちらの記事もおすすめ!