Share house diary

【シェアハウスどうなの?】都内のシェアハウス暮らし【家賃3万です】

【シェアハウスどうなの?】都内のシェアハウス暮らし【家賃3万です】
毎月の固定費を節約したい人
毎月の固定費を節約したい人
自由に使えるお金をもっと増やしたいな〜。給料上がらないから、毎月の出費を抑えるしかないか。田舎に住んだ方が家賃抑えられるのかな。

こんな疑問に答えます。

本記事のテーマ

【シェアハウスどうなの?】都内のシェアハウス暮らし【家賃3万です】

ちなみに僕は都内のシェアハウスに住んでいて、家賃、光熱費、ネット使用料込みで45,000円です。

ではいってみましょう。

【シェアハウスどうなの?】都内のシェアハウス暮らし【とりあえずお金は貯まります】

家賃の安い地方の田舎に住んで、生活費を節約しようという意見がありますが、
本当にそうなんでしょうか?

地方のアパートの家賃の相場=安いところで約20,000円前後。
東北の安い賃貸

ネット使用料の相場は3,000円〜5,000円。

一人暮らしの光熱費の平均=10,000円前後。

計算すると、

地方の安いアパートに住んだ場合の1ヶ月の固定費=33,000~3,5000円。

対して、都内のシェアハウスに住んだ場合の固定費をみてみます。

都内のシェアハウス個室の家賃の相場=30,000円前後〜。

※参考サイト
東京、家賃3万円~【シェアドアパートメント】

共益費(光熱費、インターネット使用料込み)=10,000円〜

計算すると、

都内のシェアハウスに住んだ場合の1ヶ月の固定費=
40,000円前後~。

このような結果になりました。

うーむ。田舎の場合、間取りが広いのでそこは敵いませんね。

とはいえ東京でも、築浅・駅近・個室で家賃30,000円前後からあります。

昔のような家賃30,000円=ボロアパートの公式は完全に壊れました。

さらに都会の方が

  • スーパーなどお店の選択肢が多い分、価格帯の安いお店を選べる。
  • 仕事の選択肢が多い。単価が高い。

個人的には都会の方がお店や仕事の選択肢が多い分、お金を貯めやすいです。

というわけで、

「シェアハウスどうなの?」と聞かれたら「都内でもシェアハウスに住めば、地方と同じくらいに固定費を抑えられます,,,!」

と答えます。

以上です!

【知っててよかったシェアハウスのメリット【お金と出会いどっち好き?】

ABOUT ME
のら@シェアハウス✖︎介護
手取り18万のスキル0ブラック社員を辞めて、介護夜勤と副業で月収40万ほど。経歴:ヒマラヤ6150m登頂→ブラック退社→走って日本縦断2920km→インドひとり旅で230万詐欺→引きこもり→プログラミング→介護夜勤→投資開始→2023年エベレスト登頂/ アンチ社員/ 友達0/HSP なので一人が楽