Share house diary

【断言する】シェアハウスに興味がある人が読むべき本はこの1冊

【断言する】シェアハウスに興味がある人が読むべき本はこの1冊
シェアハウス初心者
シェアハウス初心者

シェアハウスに興味があります。

おすすめの本ありますか?

ゆるくて、面白いやつありますか?

こんな疑問に答えます。

【断言する】シェアハウスに興味がある人が読むべき本はこの1冊

【結論】

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫) 高野秀行 (著)

【内容】

三畳一間、家賃月12000円。ワセダのぼろアパート野々村荘に入居した私はケッタイ極まる住人たちと、アイドル性豊かな大家のおばちゃんに翻弄される。一方、私も探検部の仲間と幻覚植物の人体実験をしたり、三味線屋台でひと儲けを企んだり。金と欲のバブル時代も、不況と失望の九〇年代にも気づかず、能天気な日々を過ごしたバカ者たちのおかしくて、ちょっと切ない青春物語。

今回は以上です!


ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

ABOUT ME
のら@シェアハウス✖︎介護
介護転職1年目で月収50万・週休2日達成/介護夜勤しながらシェアハウスに住んで効率よく金を貯めて投資をしてます/介護夜勤なら誰でもセミリタイアは可能/介護夜勤とシェアハウスを中心に発信中/ 経歴:年収300万退職→日本縦断マラソン63日2920km→引きこもり→インド一人旅で230万円詐欺で失う→介護夜勤転職→介護年収568万→2023年エベレスト登頂/ アンチ社員/ 友達0/HSP なので一人が楽/ランニング/登山/旅