介護日記

介護夜勤きつい?介護夜勤を無理なく続けるコツを解説

介護夜勤きつい 介護夜勤を続けるコツ
介護初心者
介護初心者

介護夜勤で稼ぎたいです。

でも夜勤を続けられるか心配です。

続けるコツありますか?

こんな疑問に答えます。

ちなみに僕は介護夜勤を2019年から続けています。

それでは、いってみましょう〜。

関連記事>>【相談】介護夜勤掛け持ちはきついです【5つの解決策を提案します】

介護夜勤きつい?介護夜勤を無理なく続けるコツを解説

介護夜勤で稼ぎながら無理なく続けるコツは、適度に休むことです。

具体的には、週2夜勤と週4夜勤をループすればOKです。

  1. 週2夜勤:週休4日
  2. 週4夜勤:週休2日、月収50万前後

週2夜勤と週4夜勤をループすることで、「週休4日のんびりモード」と「月収50万前後の収入」の両方を回せます。

やり方は簡単です。

  1. 派遣会社をA社、B社の2社登録して掛け持ちで働く
  2. B社の更新を2ヶ月でやめる
  3. A社のみで2ヶ月働く(この期間はお好みで)
  4. B社でまた新しく始める
  5. ②〜④を繰り返す

週2夜勤と週4夜勤をループすることで、「週休4日のんびりモード」と「月収50万前後の収入」の両方を回せます。

また週2夜勤中は週休4日なので、この休みを利用して何か副業にチャレンジしてみるのもオススメです。

実際、僕は2021年から介護夜勤をやりながら物販もやっています。

収入の柱が増えましたし、気分転換にもなっています。

「週4夜勤がきつい…」って時は、派遣会社に仕事探してもらう時に「勤務回数を月7〜8回が希望です」と伝えてください。

通常週4夜勤の場合、

パターン①

派遣A社:週2回→月8〜9回勤務

派遣B社:週2回→月8〜9回勤務

となり、月の夜勤回数は合計で16〜18回になります。

これを

パターン②

派遣A社:週2回→月8〜9回勤務

派遣B社:週2回→月7〜8回勤務

にするなどして、月の合計勤務回数を15〜16回に減らします。

パターン②で、月の合計勤務回数を15回にすれば、毎月1回は週2夜勤の週ができます。

週2夜勤の週は実質週休4日なので、ちょっとしたご褒美になりますね。

月に1回、週休4日の週があればメンタル的にだいぶ楽になるはずです。

関連記事>>【知らないと損】介護夜勤って大変?事前に仕事量を調べる方法

まとめ

介護夜勤で稼ぎながら無理なく続けるコツは、適度に休むことです。

具体的には、週2夜勤と週4夜勤をループすればOKです。

今回は以上です!

参考>>実際にやった介護夜勤で月収50万稼ぐ具体的な手順

ABOUT ME
のら@シェアハウス✖︎介護
介護転職1年目で月収50万・週休2日達成/介護夜勤しながらシェアハウスに住んで効率よく金を貯めて投資をしてます/介護夜勤なら誰でもセミリタイアは可能/介護夜勤とシェアハウスを中心に発信中/ 経歴:年収300万退職→日本縦断マラソン63日2920km→引きこもり→インド一人旅で230万円詐欺で失う→介護夜勤転職→介護月収50万→2023年エベレスト登頂/ アンチ社員/ 友達0/HSP なので一人が楽/ランニング/登山/旅
こちらの記事もおすすめ!